NLFREN日本語PY中文
  • 歴史
  • ブルージュ市

7世紀にわたるブルージュのジュエリー産業

ブルージュでは、アントワープやアムステルダムよりもずっと早く、1370年にはすでにダイヤモンド原石が販売されていました。

ダイヤモンドの粉を置いた回転板の上で行うダイヤモンドの研磨技術は、15世紀のブルージュで、ローデウェイク・ファン・ベルケムという地元の金細工職人により発明されました。
ブルゴーニュ公爵の宮廷は、ブルージュにジュエリーなど高級品の産業を起こし、それにより大きな繁栄をもたらしました。

歴史上初のダイヤモンドの婚約指輪 

歴史上、初めてダイヤモンドの婚約指輪を贈った人物は、マキシミリアン一世皇帝で、結婚のためにブルゴーニュ公妃マリーに贈ったものです。



ブルゴーニュ公爵の宮廷は、ブルージュの中心にありました。

ブルージュにおける教会芸術の伝統

ブルゴーニュ公爵の宮廷や国王、皇帝のためのジュエリー製作に加え、地元職人たちは、教会の儀式用の宝石や金銀を使った装飾品も製作しました。
  Brugge

ブルージュ市

ブルージュ市はベルギーのフランダース地方で最も重要な観光地です。中世都市の面影をそのまま残しているからです。年間400万から500万人もの観光客がブルージュを訪れます。

ブルージュの雰囲気は、伝説的といってもいいでしょう。かつて物資の輸送に使われた美しい運河は、現在でもボートで遊覧することができます。

美術館、劇場、教会は、豊かだった過去の生き証人です。さらに300以上のレストランがグルメを提供し、またフランダース地方の人気のショップの数々が旅を締めくくります。

100以上ある良質のホテルで、特別なブルージュの雰囲気を堪能できます。
  Brugge